疾風怒涛!
Stealssの行動観察日記及び奇行記録及び心理状態遷移ほか。


FC2カウンター



星占いリンクサービス

   
-   占い-
   
-   天気予報コム- -FC2-
   



最近の記事



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

stealss

Author:stealss
あ~、Stealssです。どうも。
山口で生まれ、豊前、小倉、折尾、
小倉南区、大分、福岡、宮崎(都城)、
長崎、佐世保、また長崎と引っ越し
てばっかり。

現在、福岡にきとるとです。

趣味は、パソコン、車いじり等も。
ほかにもいっぱい。

ではでは再見。



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



年末のこと2(2011)



 さて、ながーい放置を経て新しく記事を書くわけですが、昨年の年末、有明に行ったことが題材ですね?

 2011年、12月29日のことなんですけど・・・もう丸一年前の話・・・正直あまり記憶にありません。


 しかし、ま、ちょっと思い出しながら書いてみますかね?

車内の状況

交通情報


 車内の様子はこんな感じです。普段はリアにあるテーブルを助手席において、モニターを見やすい位置にセット。運転中にこのモニターを凝視することはありませんが、ちょっと停まったときにチラ見するぐらいは出来ます。

 湾岸長島PA

 新名神の信楽のあたりで昼3時をまわったころ、伊勢湾岸道路で日が暮れて、長島PAで名古屋名物のえびふりゃーを食べ、ちょっと物足りなかったので東名の静岡PAにあるのS&Bカレーの王様を目指しましたが30分遅れで閉店してしまっており、しかたなくそのまま足柄SAへ。ところが足柄SAの駐車場は満車の表示。ここで仮眠を取ろうと思っていた私の思惑はいったい・・・時間は夜の23時すぎ。

 仕方ないので、箱根を越えて厚木のあたりへ。

 そこで東名高速を降りて、相模原のあたりの東横innへ。24時を過ぎて空室があると、タイムサービスで少しお安いのです。ここで空室がなければ、神奈川県南下して鶴見か羽田のあたりのホテルに行こうと思っていました。でも、この一つ目の東横インでみごと部屋ゲット。お風呂に入り、コンビニで買ってきた遅めの夕食を食べてその日は眠りました。

 翌日、わりと遅くに起きてチェックアウトした私は、とりあえず秋葉原へ。首都高速の高速湾岸線から・・・ちょっと間違えて千葉に行きかけましたけど、辰巳JCTから福住のたりまで行ってしまいましたが・・・

辰巳JCT近くのPAから

 湯島天満宮近くのこれまで毎年利用していた駐車場がビルに変わっていたのでがっかりしつつ、上野の御徒町近く、末広町のあたりでうまいこと駐車場を見つけて駐めて、そこから秋葉原をうろうろ。

 せっかく末広町まで来たんだから、ってことで最初は鉄道模型の大きな店。末広町の交差点に面したビルの3・4階が全部模型屋さん。スゴイ品揃え。そこから、外神田裏道の電気パーツ街の方へふらふら行き、店をまわりつつ、お腹が空いたので、秩父電気近く?のペッパーランチへ。

 あとはおきまりのコースで、Faith、ホワイトキャンバス、TwoTop、DOS/Vパラダイス、K-Books、メロンブックス、ゲマズ、とらのあな、その他を・・・ぐるぐるっと。人混みが嫌いなので、ちょっとアレでしたが、まぁ、いろいろ見て回って面白かったし、そこそこ楽しいかったかな?っと。で、明日に備えて、夕方5時ぐらいに西葛西の東横インへ。

スカイツリー




 翌日は、いよいよ31日、決戦の日、おとこの子の日です。間違ってもおとこの娘の日ではありません。

 朝9時に会場近くのいつもの駐車場(青梅臨時)へ。ここは一日1500円で土日祝日は朝9時から。お台場には24時間営業の所もちょくちょくありますから、いろいろ調べてみると良いと思いますよ?
>>>http://www.date-navi.com/odaiba/parking.html
>>>http://www.date-navi.com/pdf/odaiba.pdf

で、東京テレポート駅でトイレを済ませて、ついでにりんかい線で一駅移動し、国際展示場前駅へ。ここからはコミケ スタッフの誘導で東駐車場の開場待機列へ。ここでね、入場できるまで列に並んでぼーっと待つわけですよ。ひたすら、ぼーっと。日差しがあればあったかいし、風が吹けば寒いし、なんだろうね?英語のboredはこれから来ているのだろうか・・・?

 午前10時には開場を知らせるかのように拍手。でも、まだ入れません。10時に入れるのは先頭の方の・・・たぶん始発とかその前から来て並んでいる人たちでしょうかね?さすがにそんなに早くから並んだことはないのです。いや、大学生の頃は始発で来たことあったな・・・でもあれは晴海だったっけ?

 で、11時前ぐらいには入場して、まず紙袋を調達して、その後は・・・人ごみでもみくちゃ、目的のサークルを捜す、最後尾看板を受け取り列に並ぶ、新刊下さい、お金払って本を受け取りほくほく、人混みでもみくちゃ、目的のサークルを捜す、最後尾看板を・・・の繰り返し。お昼すぎぐらいから人混みがゆるくなるので、ここからはゆっくり見て回るウィンドウショッピウングにJOBチェンジ。お気に入りのジャンルや、企業ブース、気が向けばコスプレ広場や、フードコート、ATMで現金を調達したり・・・

 16時頃、閉場となりますが・・・たいていのサークルはその前に撤収を始めてしまいます。私もテキトーに切り上げて車に戻ります。駐車場までセンタープロムナードを延々歩くときもあれば、りんかい線やゆりかもめを利用することもあります。

 駐車場からは、羽田、鶴見を越えて神奈川県へ。この年も毎年恒例になっている、某先輩(プロ漫画家)のとこへ行って晩ご飯をごちそうに。H先輩、毎年あざっす。


 あとは、AMラジオとかで紅白を聴きながらドライブです。


 日が変わる頃には名古屋を越えて新名神へ。そのあと必死に走って、夜明け頃にはたぶん広島へ。ここらへんで安全のために休憩と仮眠をとって・・・翌日の元旦お昼過ぎには実家へ帰ります。


 さて、今年もこの旅に出ようと計画していたんですが・・・ちょっとここのところ溜まっていた疲労が凄すぎるのでまだ休んでいます。明日、気が向いたら出発です。でわでわ~♪


スポンサーサイト

東行紀行奇譚③
かたじけない!

更新をすっかり忘れていました。
そういえば、これ、書きかけでしたね。

今年も有明行きを計画しているので、昨年はどうしたか見てみようと思って・・・今気がつきました。

それでは張り切って、ビッグサイトを後にしたところからはじめましょう。
・・・とはいえだ、ほとんど一年経過した事を思い出すのは至難の業だよね。

 あー、私の気が確かなら・・・




 西館の西又葵先生のトコで薄い御本を買い求め、コミケ終了となったトコロまででしたね。

 ・・・あー、あの後、どうしたっけなぁ・・・


 普通でしたらビッグサイトのレストラン街に行って、遅い昼食をとるところですが、西館からレストラン街方面に行くのはなんだかめんどくさくて、運河のほうへ出て、あうとさろーねで痛車を眺めつつ、そのままイーストプロムナードへ出たと思います。

 そして、有明TFTビルに行ってみようと思ってたんですが、コスプレの居残り組な人々がテラスで撮影会を続けているのを見て、なんだか今このビルに入るのが妙に気恥ずかしい感じがしてウッカリ通り過ぎてしましました。お腹空いていたのに。

 で、とぼとぼ歩いて、イーストプロムナードから夢の大橋(日本最大幅の歩行者専用橋)を超え、青梅のパレットタウン脇を進み、東京テレポート駅の駐車場へ。駐車場に何台か痛車を見かけるものの、さして珍しいとも思わなくなった自分が不思議。


 ようやくCARAVANに辿り着くと、重い紙袋を投げ捨てるように後部座席に放りこみ、携帯電話で実家にこれから帰ることを報告、お茶など飲んで一息入れて、気合いを入れてから走り出しました。

 秋葉原に立ち寄ることも考えたのですが、今日は大晦日。最近、東京出張とかで来ていたこともあり、「帰ろうぜ~」ということで、西を目指します。駐車場を出て青梅をぬけ、テレコムセンター横を通り、暁ふ頭方面から海底トンネルをぬけて太田ふ頭・羽田方面へ。そこから首都高湾岸線に乗り、横浜方面へ。

 鶴見の工業地帯や、横浜ベイブリッジ、そこから眺める山下ふ頭や横浜の町並みが・・・やたら綺麗です。

 ただ、真正面にいる西日がまぶしすぎる以外は、なんとも良い気分でした。


 本牧JCT・石川町JCTをなんとか無事抜けて、保土ヶ谷バイパス、横浜町田ICから東名高速に乗りました。お腹空いてたはずなのに、なぜか、首都高の絶景にだまされて・・・海老名SAが空いていることを祈りつつ・・・やっぱり、いっぱいでしたー・・・

 仕方ないので、足柄SAで夕食、と決めこんで、とにかく急ぎました。

 100kmの東名うねうね道を走りきり、足柄SAについた頃は、すでに日もとっぷりと暮れていました。


 ここで、間違えたのは、ちゃんとレストランとかが開いていると思っていたら、そうでもなかった事ですね。仕方ないのでフードコートみたいなところへ行って、なんかテキトーな夕食はイヤだったんだけどなぁ・・・。

 結局、トラックの運ちゃんとかと席を並べて、とにかく空腹をどうにかするためにカレーを食べました。

 せっかく関東にまで来て食事メニューが貧しいのは何とかならんのだろうか?


 さて、とりあえず、空腹はどうにかなったので再び走り出しました。

 ここで、この年の紅白に初出場した水樹奈々さんの出演が気になり出しました。このCARAVANには地上アナログテレビ・地上デジタルテレビ(ワンセグ)の受信が可能です。そういう装備を積んでいます。ネットでラテ欄を確認しつつ、走行しながらアンテナ位置を調整しつつ、NHKの紅白の電波を捉えようと必死です。PAやSAにいちいち止まりながら進みます。

 結論から言うと、静岡県の富士川SAで視聴しました。


 ・・・。


 じつは、深愛という曲、ほとんど聞いたことが無くて、ギャルゲー原作のアニメ「WhiteAlbum」の主題歌 ということしか知らなかったのですが・・・なんか、少し古い普通の歌謡曲っぽくて、紅白にはちょうどいいけど、話題の声優アーティストが歌うアニメの曲としては・・・なんか、こう、キャルっとした感じがとか無くて、あんまり面白くないなぁと思ってしまったのは私だけでしょうか? 私、間隔がずれてきている?・・・いや、紅白としては、他の歌に負けない良い楽曲なんですけどね、なんか、闘う土俵が違う気がして・・・。


 それはともかく、大晦日の最大の関心事は終えたので、そろそろお風呂にでも、こう、入りたいなぁと思います。新年を迎えるにあたり、汚れたままってのは、こう、悪いんじゃないかと思うわけですよ。

 伊勢湾岸道路、刈谷ハイウェイオアシス「天然温泉かきつばた」を目指します。ここは高速道路を降りることなく、お風呂に入れる「健康ランド」風の施設です。ハイウェイホテル付属の風呂とか、高速の長距離ドライバー向けのシャワー施設なんかはいくつかあると思いますが、こういう施設は珍しいと思います。

 九州の普通の「健康ランド」とかに比べると、少し狭くて、大変混雑してはいたけれど、でも、さっぱりできました。タオルとかグッズ販売、お食事どころや休憩場所もちゃんとあったし・・・コーヒー牛乳がやたらおいしかった。


 さて、さっぱりしたところで、この後、新名神と山陽道を走行する予定なワケですが、ここで交通情報を確認すると・・・真っ赤っか?通行止めだらけですよ?!

 聞けば、広島手前で酷く玉突きやらかした事故があって、大事をとって山陽道のほとんどを通行止めにしやがっているらしいです。それに、なんと夜半からは積雪もあるとか・・・イヤなニュースで追い打ちです。

 そうは言っても、正月は九州で過ごしたいし、初詣渋滞とかごめんですのでなるべく西へ行っておきたいところです。四日市・亀山あたりで雪も降ってきていたので、新名神が通行止めになる前に関西に抜けてしまいましょう。とにかく急ぎます。じつは国道2号線(大阪~門司)は走破した経験があり、その記憶から考えて、ほとんどの区間で雪による通行止めは考えにくいので、大阪まで行っておけばあとはどうにかなるという目算がありました。


 車のモニターにはWebの交通情報を表示し、西へ西へ・・・

 日付が変わる頃には、なんとか京都を抜け、神戸の北、西宮名塩SAに停車しました。


 通行止めの赤い表示が消えないので、ここで仮眠をとります。ほんとうは、次の淡河PAかその次の三木SAまで行った方が良いかもしれないんだけど・・・眠たさ限界。それに、もし元旦の通行止め解除の見通しがたたなくなったら、ここで高速降りてホテルにでも泊まった方が良いかもしれません。


 外は雪がしんしんと降っています。

 積んできた布団一式があるので、車内が氷点下になってもなんとか堪えられそうな感じではあります。

 毛布と掛け布団二枚にくるまって、本格的に眠ることにしました。


 しかしね、SAの駐車場というのはやっかいなもので、近くにディーゼルカーとかいた日にはうるさくて眠れやしません。エンジンを切れ!と言いたいところですが、あちらさんは毛布や布団と言った装備も無く、暖房を入れるしか手がないんでしょうよ。うるせぇなぁ~!!

 気がつくと、トラックとランクルに挟まれて、うるさくてどうにも眠れない状況です。どうしてこの車は防音がダメなんだろう?


 仕方ないので午前3時すぎに再び走り出しました。少しは寝たので、眠気は大丈夫です。

 通行止めはカナリ減りましたが、ずいぶん先の広島手前と山口県内で一部解除されないままです。走っているウチに赤い表示が消えることを期待して、とにかくうるさくないSA駐車場を求めてふたたびオンザロードです。ろっけんろー!!

 元旦の未明は、初日の出を見に行く車がいるかいないかぐらいで、普段たくさんいるトラックもあまりいなくて凄く走りやすいです。おらおらです。

 広島の事故現場にたどり着いた頃には、夜もすっかり明けてしまいましたが、速度制限があるぐらいで通行止めは全て解除されていました。


 その後は、山口県内の“ワインディングロード”の中国自動車道を駆け抜け、ようやく九州関門橋を越えました。元旦は初詣に最適なすばらしく温暖なお日よりでした。実家に帰ってお雑煮喰って寝正月、毎年おきまりのコースですね。


と、いうことで、昨年暮れの旅行記は以上です。

え~、予定通りですと、来週末ぐらいには今年暮れの旅行記の執筆をはじめる予定ですね。えぇ、また行きますとも。がんばりまっす。


テーマ:アキハバラ系 - ジャンル:サブカル

今日は気になるあのコミックスの発売日(以下、若本規夫さんの声でお読みください)
 かつて、男がいた。

 気になるコミックを一刻も早く読みたいがため、北九州から国道10号線・3号線・2号線をのぼり、どこまで行けば九州よりも早くコミックが手にいれられるのか・・・

とあるコミックの関東発売日当日、

 関門海峡をトンネルで抜け、

 下関にはなく

 小月には当然なく

 厚狭にも小野田にも宇部にも小郡にも防府にも徳山にも下松にも廿日市にも、あるはずもなく

 広島市内で、やっぱりなく


 ここで日付が変わったが、仮眠をとった後、性懲りもなく、

 福山、岡山、倉敷、姫路にも、発売日翌日にもかかわらずなく、


 結局、明石を越えて、神戸三宮で発売日翌日にコミックスをげっと。

 それを包みも破らず大事に助手席に置き、急いで九州までもちかえり、結局、初めてページをめくったのは、九州でもそのコミックスが発売される、関東発売日の翌々日の朝。彼が自宅のベッドに2日ぶりに横たわった、まさにその瞬間だった・・・本屋さん開店の数時間前のことだった・・・。

 あまりの疲労と寝不足のため、数ページ読んだだけで眠りに落ちてしまい、一冊読み終えたのはその日の夜だった・・・。


 ・・・かつて、男が、いや、漢がいた。



 で、それは今から15年も前のこと。ネットで調べてみると、最近では、広島か岡山でも発売日翌日には売っているらしい。というのも、発送・運送システムが変わったらしくて、なんと、関西と東京神保町は発売日前日に入荷しているらしい。

つまり、それら地域ではフライングゲットも可能ということだ・・・。よくわからんが、初版の最初のロットは関西向けなのだとか?神保町は関西向けを横流しでフラゲして売っているのね?


 しかし、九州ではやっぱり2営業日後に入荷のまま。

 
 今日5/15は、某K談社コミックスの発売日でした。続きが気になる某コミックスを一刻も早く手に入れたいのだが・・・


 ・・・。


 もう、若くはないしなぁ。

 自宅のベッドの上じゃないと、コミックスを読む気にはなれないしなぁ・・・。



テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

速報!昨年暮れの某祭り
行きました。

2日目と3日目のみ・・・

オール出場したかった・・・


今年も、仕事が異様に忙しくて・・・


ふにゃぁ・・・


でも、それなりにいろいろあったので、ココにちょこちょこ書いていくことにします。

ただ、いまは少し休まさせてくださいな・・・おやすみなさい・・・

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ややっ?
YAHOO!で「木村屋いづみ」で検索すると・・・
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%9C%A8%E6%9D%91%E5%B1%8B%E3%81%84%E3%81%A5%E3%81%BF&search.x=1&fr=top_ga1&tid=top_ga1&ei=UTF-8

ややや?

トップにこのページが・・・
http://www-user.interq.or.jp/~stealss/comike/kimuraya.htm

このページ、このブログをつぶさに読んでくださっている人はご存じの通り、当ブログ筆者Stealssのホームページの隠れページです。いつの間にか、Yahoo!のクロールを受けて、それもトップに検索ヒットするなんて・・・あなうれしや・・・

多少はSEOを意識していましたが、よもやトップに来るとは・・・やりぃ!


そこで、今回は久しぶりに「木村屋いづみ」先生をとりあげます。

っていうか、ずいぶん前に、このブログに先生の同人誌の感想を書くみたいなコトを書いていた気がします。でもあれから1年ぐらい経ったんじゃないカナ?もう、ありえんぐらい遅くね?ダメじゃね?

・・・しかたがなかったんですぅ、いざ書こうとすると、どうしてもちゃんと書かなくてわっ!って気負って何も書けなくなるんです。






 しかし、Yahoo!の件もあるし、今回は少しでも何かを残さねばっ!

 ってことでがんばります。


で、一昨年の同人誌について書くのもアレなんで、最新の作品から逆に遡っていきましょう。

■コミック マショウ5月号 巻頭カラー(フルカラー4P)

 スポーツ系ショートカットと文系ロングの娘です。男はセリフの吹き出しと局部だけのみ登場です。いつも思いますが、先生はオトコキャラ書きたくないんですね?・・・読者も別にオトコキャラ見たくないしコレで十分です。短いながらもちょっとコミカルなオチが小気味良い感じですね。


■少女風景 サンワコミック ’08.04.05発売

 コミックマショウ2006年7月号から、あ~、だいたい隔月、ときどき連続、たまに休載的な感じで掲載された数話つづきの話が12本、うち1本は上記今年5月号の巻頭カラーがまんま巻頭に載っています。ちょっとアブノーマルというか日常とかけはなれた、でも日常のすぐそばにあるかも知れない倒錯した感じの話です。

 正直、コミックスの方が話のつながりがよく分かって読みやすいですね・・・。作風は相変わらず百合っぽいモノ、羞恥のからんだ倒錯ものが中心なので読者を選ぶだろうとは思います。この不思議な状況設定が好きです。ワタシは自分がノーマルな人間だと信じています、が、しかし、この話で描かれる、キャラの思考・感情などは、とても興味深く感じます。誰しも自分の中に闇、というか得体の知れない何かを持っているモノだと思いますが、この話を読んでいると、自分の中に普段押し殺している何かが共振しているんじゃないかとさえ思うことがあります。その危ない、境界線上にいるようなギリギリの感覚が心地よいのカナ?魅力的です。 

 でも、すこぉ~し、ダークすぎですよね?


■OUT SIDE (2007.12.31発行分) 18P

 半分はらき☆●た、半分はCLAN●ADのパロディです。あとがきに「ペラい本」とありますが、いやいや、新刊があるというのはスバラシイです。わざわざ年末に出かけたカイがありました。カンドーものです。

 最近の流行というと、京アニになるのは当然の流れです・・・なんか流行にムリして合わせたりしてるんじゃないか?とかハラハラします。でも、売れ筋とか人気とかも大事なポイントですよね?読者としてはペラくてもついていきまっせ!でも、先生がムリしないで書きやすい作品とかも興味アリますよ?




 今日はこのくらいにしましょうか?夜遅いですし。・・・あの~、資料をあさっていたらOUTSIDE17Vol1,2とかHINASIKIPLUSとかSAILORWARとかINTRO-DUCTION1994,1993、雪月花、PRINCESS、DASNCING PRINCESS、EVAとかも出てきて・・・でもなぜか昨年の春のヤツが出てこない・・・たしかコードギ●スだったような・・・どーいうことだぁ~!

以前から捜しているUROBOROSのエヴァンゲリボンもみあたらないし・・・幾多の引っ越しで重要な本が紛失してしている可能性もあります。う~ん・・・こんどちゃんと整理しましょう。

以上。

FULL POWER GIRL!
木村屋いづみ先生の「FULL POWER GIRL!」を買いました。

以上。





はいはい、そこ、「なにソレ?」って顔しない!

このブログは、私の興味の赴くままになんでも取り上げるので、ついてこれない人は、ま、置いてっちゃうのでヨロシク。っていうのもかわいそうなんで、一応解説を入れておきましょう。

まず、「木村屋いづみ」先生ですが、2ヶ月ほど前に解説ページをこさえてたので参照してもらって・・・
http://www-user.interq.or.jp/~stealss/comike/kimuraya.htm

あはは、当時お仕事暇で、タコ部屋に隠れていたときに勢いで書いちゃったんだよね。そんな雰囲気の、へんなページだね、こりゃ。先生に失礼なので、こんど作り直そう。

でね、話をもどして、何ゆえ「木村屋いづみ」先生のファンをしているかというお話。

今をさかのぼること10数年ほど前、大学受験のさなかに書店で偶然手に取った、とある成年マンガ雑誌「CT海賊版」、当時成年ではなかったんですが、そーいうお年頃なんでつい買っちゃうんですよね・・・表紙に釣られて。で、中身を読んでると、ソレ系王道のマンガはいっぺんとおり読んだらハイおしまいなワケですが、箸休めみたいなギャグマンガのページもあって、それが妙にウケるわけですよ。っていうか、フツーの人はそういうギャグマンガのページはほとんど無視して、王道ページのみ読んで捨てるものなのかもしれませんけどね。

 で、当時も今もそうですが、その手の弱小雑誌には、勢いをもてあましているようなすごく上手な新人さんがいるわけで・・・この「木村屋いづみ」先生もそんな書き手さんだったわけです。あたしゃ、ぴぴっときたね。なにげに凄く上手いんですよ。

 つまり、マイナーな成年マンガ雑誌の、脇役みたいなギャグマンガのページに、こりゃぁ上手いって思う書き手さんを偶然見つけちゃったんですよ。コレは今から思うとカナリ幸運な事でしたね。

 当時、私はマンガはほとんど買わないし、読まない人だったのです。中学校・高校ではアニメやマンガの類は全く見ない人でしたからね。見たとしても妹が買ってた「りぼん」とかを暇つぶしに借りて見るくらい・・・マンガに関する知識は一般青少年よりカナリ低いレベルにあったと思います。でもね、このあと運命の歯車は大変なことに・・・

 大学に入学したあと、パソコン関係のサークルに入った私は、平凡な大学生活を送れば良かったのに、このサークルの先輩たちの先導(強制や陰謀)でヲタクの道にひきずりこまれ、気がつけば晴海のコミケにて「売り子」で参加するハメに・・・・その詳細はこんどゆっくり語ることにして、この経緯の中で先ほどの「木村屋いづみ」先生の本に再会するわけですよ。

 当時、人気絶頂だった「うたたねひろゆき」先生や「あさりよしとお」先生に逢わせてもらっても「???」としか思わない私でした。が、コミケカタログを買って「マンガ読まねぇしなぁ・・・」とか思いながら、暇にあかせてページをめくっていたら・・・見つけちゃったわけですよ。「木村屋いづみ」先生を。



 で、そのあとの先輩の驚異の「エリートヲタク教育」の賜で恐るべきスキルを身につけた経緯はともかくとして、そういうキッカケで「木村屋いづみ」先生のマンガをひいきにしているわけです。未だに大ファンです、ぶっちゃけ。

で、http://www-user.interq.or.jp/~stealss/comiket01.htmとかあって、今日に至るのです。で、その流れで昨年暮れにコミケ71の3日目に一般参加したわけですが、そのときは「新刊落ちました」って張り紙を見てたんですよね・・・「あらら、残念」って思いましたが、その張り紙に気になることが書いてあったんですよね・・・2月頃に同人誌ショップにて新刊を発表します、みたいなことが・・・

 なんとなく、その手のショップで先生の作品を見かけることは無いだろうと勝手に思ってたんで意外でしたね・・・それに、コミケの会場以外で入手するのは邪道って気がしてたんです。けど・・・今日、徹夜仕事明けにフラフラしながら天神の某同人誌ショップ「●●のあな」へいくと・・・「木村屋いづみ」先生の本が平積みで置いてあるのを偶然発見してしまいました。ふだんはそういうコーナーは見てまわらないんですけど、今日は寝てないので、判断力が鈍っていたのですね、ついフラフラとそっちまで見に行っちゃったんですよね・・・

 同人誌の難しさというのは、本の表紙をぱっと見ただけでは中身を判断できないってところです・・・でも大きな誘因ですから、表紙から推測することも多いのです。表紙を見てまわって、その絵柄を見て、なんとなく気になる絵柄なら手にとってサークル名をチェックする・・・チェック用の見本の本があれば中身を見る事が出来てラッキーってな具合。

 「木村屋いづみ」先生の本を見つけたときは、最初そうとは気づかず通り過ぎるところでしたね。その表紙の絵柄になにか妙に引っかかるモノを感じたんです。けど、こういうショップで同人誌を買うことはごく稀ですからね、たぶん、よほどでないと手に取るところまではいかないのです。でも、徹夜明けにもかかわらず、その辺のカンってのはぴぴっとくるのですよ・・・アレ?って。

 徹夜明けですからね・・・「ぼーっぅ」とした頭のどこかで「イチオウテニトリナサイ」って指令が・・・そのとき99%ぐらいは「コンナトコロデフラフラシテナイデハヤクカエッテネロヨ!」って指令でしたけど。

 手を伸ばそうとした瞬間に、気づきましたね。この妙に流行のCGライズされた絵柄の中に長年親しんだ構図のセンスってヤツを・・・このキャラの立ち位置・・・「あっ!」って。





 「木村屋いづみ」先生のマンガがどうして好きなのか、本当のところは自分でもよく分からないんですけど、この「センス」ってヤツなのかも知れませんね。

 そういうわけで、先生の本と出会うときっていうのは、なんか偶然とか奇蹟ってことが多いのですが、今日もそんな感じで「たまたま」出会うことが出来ました。

 あ~、買って帰ったのはいいけれど、そのまま封も切らずに置いてありますな・・・徹夜明けで眠いんだもん。今度、この本を読んでちゃんと感想を書きます。お楽しみに。

コミケ70一般参加アフターレポート
 行ってきました、東京へ。九州・福岡から、高速道路を走って。
あれから1ヶ月、ついに振り返るときがきました。

 今年の夏コミは8/11~8/13までの3日間開催でした。
 で、8/11を有給休暇にしてもらって行くことにしたのです。

 ・・・この日記はその顛末です。ぬるぽ会社員のコミケ旅行記ですっ。





●コミケカタログ・・・購入するには?
カタログ買ってきた


 コミケカタログは、天神などの本屋さんにあります。

 私が把握しているところでは、とらのあな、メロンブックス、アニメイト、福屋書店、などです。
おそらく、博多駅前の交通センターのゲーマーズにもあると思われます。

 今回は、特典の「折りたたみ傘」目当てで とらのあな で購入しました。前回の冬コミで買いに
来たときは冊子版は売り切れでしたが、今回は入荷数が多いのか、余裕で売れ残っていました。
でも、あんな派手な青い傘、あんまり需要なかったかも・・・

 前回は、コミケカタログ冊子版とカタROMの両方を偶然手に入れることになりましたが、今回は
両方購入するつもりで望みました。見事GETです。こうして財布は軽くなるのだな。


●カタロム・・・事前にチェック。
カタロム画面


 カタROMチェックです。3日分のサークルカット、データを目を血走らせてチェックです。
寝る間を惜しんで・・・。いったいいくつあるんや?

 前回のチェックデータを引き継げるので利用すると便利です。しかし、出来るだけ全サークルを
チェックするべきでしょう。今回の私は時間がなかったので2日目などのジャンルではずせるとこ
ろは見ませんでした。


●お風呂~風呂はどこだ~!
大江戸温泉物語


 今回は、8/10夜に出発です。福岡を夜9時ごろ出発、北九州の実家でふとんや枕、着替えを
積み込んで、一緒に行く友人を迎えに行き、関門海峡を渡ったのは夜の12時ごろでした。
寝不足でランナーズハイで、おかしくなってて、こわれかけです。徹夜前なのにね。

 で、小月ICから高速道路に乗り、山陽道~名神~東名と徹夜でドライブです。例によって、
足柄インターでお風呂に入ろうとしたのですが、なんと清掃中!ぐはぁ。
しかたなく、お台場についてから、大江戸温泉物語に行ったのでした。入場料タケー、でも面白
いつくりのお風呂アミューズメントパークでした。次回行くことがあったらちゃんと時間をかけて
楽しみたいっ!

 で、なんとなく清潔になったところで、コミケ1日目に突入ですっ!

 大江戸・・・前のテレコムセンター前からゆりかもめに乗り会場へ。この日はあまり時間がなか
ったのですが、東館を少し回り、西館4Fの企業ブースへ突撃!コスプレ広場には目もくれませ
んっ!そんな暇なんかないんじゃ~!

 ・・・でも企業ブースでは、思ったほど面白いこともなく残念。たいした戦果もなく引き上げること
にしました。

 この日の宿は、お盆であまりいいところが空いてなかったので、千葉。


●千葉で一杯・・・無事を祝って。
居酒屋で晩飯


 千葉駅前の雑居ビルの3階、居酒屋で晩ご飯。思えばとおくへきたもんだ!

 徹夜明けでちょっとお疲れですが、アルコール補給でほっと一息。千葉って、けっこうタチの悪
そうな街に見えた・・・でも、安そうな居酒屋があってうれしい限り。
「明日の健闘を誓って~」ってな具合ですね。

 いくら関東の食べ物がまずいといっても、居酒屋は全国共通、どーでもいい具合のおつまみが
出るので安心です。いや、けっこうおいしかったですよ?


●2日目へとつげき~っ!
千葉のワシントンホテル


 ま、正直ビジネスホテルですからあまり多くは語りませんが・・・タバコのにおいっていやね。

 で2日目の朝はさわやかに曇り。いや、直射日光の当たりまくる晴れよりよっぽど旅人に優しい
天気ですよ。


●心が折れた・・・
コミケコミコミ



 コミコミ・・・どこまでも続く腐女子とオタクの群れ・・・

 午前11時ごろのイーストプロムナードです。この日は、朝マックをかじりながら車を飛ばして、
青梅・パレットタウン前の駐車場に車を停めて、ゆりかもめに乗ってひと駅。で、そこで見た
ものは、恐ろしく、どこまでも続く、人の列。もう、帰りたくなってきた。
友人いわく「心が、心が折れる~」。激しく同意。


 しかし、予想していた最悪の事態ではなく、意外と列が進むのです。さすがコミケスタッフ、人
の捌き方がうまい!いや、コミケ参加者のマナーがそれなりに良いのか?


●アキバでの宇宙からの指令
おきまり?


 私は「HEART WORK」の長~い列に並んでたので、けっこうハードだったよ?もう、何度倒れる
かと思ったことか・・・この日も企業ブースに行きました。声優の浅井清己さんが「すかいてんぷ
る」のウェイトレスのコスして、無表情でageブース前で呼び込みをしていました。ちっちゃくて細
身でキレイなひとですね~。眼福眼福。

 2日目は、さすがに女の子の日、そこまで長居することもなく、3時前には撤収の運びとなりま
した・・・

 で、飯を食べに行こうという話で会場を後にすると、すっごい雨と雷で・・・パレットタウンである
程度雨宿りしてから車でアキバへ。ここで、今回のお約束、「パスタdeココ」のあんかけスパを食
すことになりました。おいしひっ!是非、九州にも店をだしてくれたまい!

 アキバはそれなりに見てまわることが出来てうれしかったっす。


 この日の宿は・・・コンビニで検索した結果、立川パレスホテル。お盆って幕張空いてないのね
~、つらいわ~。



●夕飯 with アルコール
2日目、ホテルの部屋で夕食


 いやぁ、駐車場がなくってね~、立川をぐるぐるまわっちゃったよ~。で、結局ホテルの地下駐
車場に無理やり停めたっ!なんか、入れたし、係員のおっちゃんも止めなかったし。っていうか、
パレスホテル当たり?昨年暮れの幕張のホテルニューオータニに続いてまたもやっちまいました
っ!豪華ホテルです。すばらしいです。部屋のUBについている便器は東陶最強・最高級の無音
サイホンゼットCS406!!!ここでホテルの格がわかるっつうのも業界人だな、おい。
設備屋って悲しい。


 で、観光にきたと思われる中国人たちを警戒しながら、コンビニで晩飯を買い込みました。
明日はいよいよ決戦の日!腕がなるワイ!カタログチェックも確認して明日に備えるのでした。


●3日目・・・さよなら理性、こんにちわ新たな私
駐車場からビッゴサイトを望む


 いよいよやってまいりましたっ!本日、天気晴朗なれど波高し~、皇国の興廃この一戦にあり
~、ここで負けるような奴は素っ裸で校庭10週!しかも「緑の火星人が追いかけてくる~」って
叫びながらっ!!by涼宮ハルヒ

 男の子の日、3日目です。やりますよ~、すべてはこの日のために!


 ・・・・・・。


 で、友人と東館のエレベーターの先で別れて(わかれぎわの挨拶は「アンタバライッ!」by王立
宇宙軍)私は東館へ突撃!もう、大変でしたよ。大手に並ぶこと7度、壁、島はし、島中、縦横無
尽に渡り歩き、東館4を3時間かけてじっくりと・・・その後東館1~6をぐーるぐーる!西館を捨て
て、東館のみに絞ったのは成功だったかも!ありがとう私、ありがとう世界のみんなっ!

ワケワカラン。

 で、4時ごろ、体内の全エネルギーエンプティ、常用電池が切れ、予備のゼンマイも使い果たし、
ふらつく足取りでレストラン街へ・・・死ぬかと思った。

 ここで一息ついていると、友人も合流。帰ることになりました。


●さようなら・・・また来る日まで。ってまた来る気かよっ、オイ!
ビッグサイト


 そんなわけで、ついに無事?3日間戦いきりました。

 ・・・あなたは良く戦ったわ、今は、そう、おやすみなさい。



 実は、帰りのドライヴは、私がバテてしまったので運転の大部分を友人にお願いしてしまいま
した。私も、もう、歳かな・・・

 そんなこんなでなんとか今回も無事帰ってまいりました。

 「たいちょー!わが部隊の戦果は上々、多くの犠牲も無駄ではありませんでしたー!」

 「うむ、ご苦労!」